じいじを隣に乗せて







依然、事務所におりますジャンボカボチャ・・・









コンテストで特別賞をいただいた際の景品が、なんと2,000円分のお食事券だったのですが。







前々からじいじと一緒に行きたいなと思ってはおったのですが、なかなかタイミングが合わずに行けていませんでした。






それでやっと、今週、じいじと一緒に行ってきました。




会社をあがってから、じいじを迎えに行きました。

赤田へ行くと、じいじは支度をしてもう玄関を出て小路を下りてきていました。




じいじを車へ乗せて、お店まで15分。

随分と日も伸びましたね。

きれいな夕焼け空でございました。




お店へ着くとすでに車がいっぱい。

電話で席を予約しておいてよかったです。





じいじへメニューを見せるけど、見ようとしない。

「おまかせします」とだけ一言。


ああそうなの。

じゃあじいじはお刺身定食ね。あとお酒。

わたしはいくら丼。





少し待って料理が運ばれてくるとびっくり!

じいじのはお刺身がとっても厚切り!

そしてわたしのいくら丼はいくらが山盛り!


スーパーに並んでいるいくらのパックよりもたくさんの量、いくらを食べたと思います。

贅沢でございました。

そして小鉢のカニサラダがとってもおいしかったです!!!!









食事中は、じいじの昔話を聞きました。



じいじは昔、酪農をやりたかったが、それは叶わなかった。とか、



小さい頃、海のそばのおばさんの家まで片道2時間かけて歩いて行き、

道中スイカ畑からスイカを盗んで食い、

それがスリルがあってとても楽しかった、とか



じか足袋で北アルプスの雪渓を3時間登った話だとか、



盆踊りの時期は夜そこへ行きたくて昼間一生懸命働いて

盆踊り行って来て疲れて

そしたら当時たばこの生産をしていて乾燥機を夜中回していたんだけど

居眠りしてしまって火を絶やしてしまった話とか



まだまだほかにもあるんだけれど、

とってもね楽しそうに話してくれました。



いい時間でございました。







ジャンボかぼちゃの特別賞をくださってありがとうございました。

ジャンボかぼちゃの苗くれてありがとうございました大工さん。






ちからの奥様からも、「今年も大きいかぼちゃ作ってくださいね」と言われました。




頑張りましょうねじいじ!








Akada Life

場所は 新潟県刈羽郡刈羽村、赤田地区。 赤田城跡を背に抱えたその場所で、畑をはじめました。 今は畑の前に一軒空き家を借りて、どう手直しをしようか構想中です。

0コメント

  • 1000 / 1000