じいじパワフル






こんにちは~~。

昨日はいい天気であたたかかったですね!







あさ9時ころじいじの家に行き。
「じいじ〜。いた〜?」と呼ぶと、
「おう。」と返事がして、作業服じゃないでジャージを着たじいじが出てきた。




「おれはこれからでかけるぞ。」
「体操?いってらっしゃい。」






そうしてじいじを見送り、わたしは除雪に赤田の家へ。





赤田は市内より10センチくらいさらに雪が多くて。




畑はこの通り・・・

前の投稿からさらに雪が積もり、とうとう、境界もわからないほどに・・・









かまきりのたまごは、確認できませんでした。ので、おそらく雪に埋もれました・・・








さて。家のほうはとういうと。








こりゃ大変。1m以上積もってしまいました。

裏山の陰になっているのもあり、なかなか融けずにこんな状態でした。






さてどこから除雪をはじめたらいいか?





ちょうど家の前に排雪口があるので、それをあけようと掘っていたところ。






しば犬を散歩に連れたお母さんがこちらへやってきて。
ごめんください、と挨拶すると
「大変ですね!!これ向こうまで(玄関まで除雪して)行くんですか?!」
「おひとりなんですか?!」
「除雪機持ってきましょうかあ!」と。
わたしがスコップ1本しか持っていなかったもんだから、驚いたみたい。


けどわたしは
「休みながらやりますから大丈夫です〜ありがとうございます」と意地をはり。。





なんとか排雪口だけあけようと、セッセセッセと。
汗をかいてきてあつくなり、ジャンパーを脱ぐが、やはり日陰で寒くなりまた羽織り。
を何回か繰り返し。






とそこへ隣のお父さんが軽トラでブーンと帰ってきて。

「みぃ。一生懸命だのう。人力じゃだめだ。おれが機械持って来てほげてやるすけ。」と。

数分後、豪快に除雪機で雪をほげてくれました。









「あれ?あかるとこどこだ?」と探していると、

「ここだぞ」と言って手でサササッとしてくれる。

そうするとすぐにグレーチングがみえて、ヨイショ!と持ち上げ、開けてくれた。

惜しい!!わたしは排雪口の右側を掘っていたみたい。










あいた〜ありがたい。







そうして排雪口があいたところでじいじも体操から帰ってきて。

「オホホホホ。これはひどい。想像以上に雪があったなあ。」となんだか感心しちゃっているよう。(笑)

11時半のチャイムが鳴ったからお昼休憩に事務所へ一旦帰って。

お昼たちにちょっとパソコン仕事をしてからじいじの家へいったら、

玄関にスリッパを脱いだあとが。




ンっ!!じいじもう除雪行ってるな!!




そうして赤田の家へ行ったらじいじの姿があって。すでに小路を2mほどほげたあとだった。

一体いつからしてたの!と思うほど。




そうして慌てて手伝って。





▼Instagramに動画で載せました。








1時間半でこれだけ除雪できました。








じいじが、「ふぅ」と。

「じき3時になるからお茶飲んでこよう。」

そうね。そうしよう。






そうしてじいじの家へあがって

でてきたのがこちら。









くさりかけのバナナ。





しかしね、これがおいしいの。格別のおいしさだったの。





わたし「もう雪降らないかなあ」


じいじ「降りません」


わたし「それは希望でしょう?」


じいじ「降ってほしくない」



そう言って、うつむくじいじ。





もう雪はうんざりだよね。









それでも、次の日の3時ころ。休憩しているところにじいじから電話がきて。




「はい」というと。

「玄関まで道ができましたよ」と。





赤田へ行ってみると。





ワァオ。








雪のベンチもできている。(笑)









すごい・・・









ありがとうじいじ・・・・

ここまで広くあけてくれちゃって。無理しなくていいのにね。





どこの家よりも、きれいに除雪してあるよ。






これでまんぺいのお母さんを呼べます!!





しかしじいじ一体どこにそんな体力があるの?



動画をみたひとはわかるとおもうんだけれど、

じいじって、わたしよりスリムなの。

なのにほんとうにパワフル。







じいじのような歳になれば、若い人のボランティアや、建設やさんに除雪をおねがいする人も少なくないのに、その必要はない、と言わんばかり。




ほんとうなら、わたしがじいじの家も除雪手伝ってやらなきゃいけないくらいなんだけど。

だからこそじいじにいつまでも元気でいてもらいたくって

よりいっそうじいじありがとうの気持ちがつよくなりました。







ありがとう。ありがとうじいじ。












Akada Life

場所は 新潟県刈羽郡刈羽村、赤田地区。 赤田城跡を背に抱えたその場所で、畑をはじめました。 今は畑の前に一軒空き家を借りて、どう手直しをしようか構想中です。

0コメント

  • 1000 / 1000