2月2日






こんにちは。





あっという間に1月も終わってしまいました。




今年は大雪の年ですね。

こんなに積雪が多いのは生まれてから初めてな気がします。





昨日と今日といい天気で気持ちがいいですね!!

明日も天気がいいみたいですよね。

しかし来週はまた寒波がやってくるみたいで・・・

気が滅入ります・・・










さて。今日は久々に赤田へ行ってきましたよ。






向かう途中、近くの池にも雪が積もり、凍っていました。






(手前から奥まで池です)





ハクチョウは池(の氷)の上に立っています!







刈羽じゃないみたい。

じいじが数年前に北海道へ旅行したときに撮った写真で

雪の上をタンチョウが歩いているところを写したのがあるんです。

この風景をみて、その写真を思い出しました。









今日は、なんで赤田に向かったかというと、畑のカブの様子を見たかったんです。

凍みてもうだめになったかもしれないけど、どんなんだろう?と思い。







けれど畑に着いてみたら

立ちはだかる雪壁が!!








そうか。ここの道は、民家側、田んぼ側、と分かれていますので

道路の雪は全部田んぼ側へおったくったのでしょう。

無念。畑へは入れません。










ボサボサの木についていたカマキリのたまごも、

こんなに雪降るの・・?と思うほど高い位置にできていましたが、

まだ、雪の積もる余地はあります。

オーコワイ。

(ごめんなさいレンズの望遠がきかず、カマキリのたまごを写しきれていません)






スコップで掘ってみようか?と思ったりもしたけれど、そのスコップも、小屋の中。






小屋へ行くにも、この小路をエッサホイサ行かなくてはなりません。








緑色で、木の柄の、わたしのド好みのスコップ。
大事に小屋へしまっておいたのを後悔します。




仕方なし!今日のところは勇気をもって撤退!









ああ・・・あの列がかぶだな、ってわかるのにもどかしい・・・

一日も早くかぶをレスキューしたい・・・

もうしばらくの間、しゃっこい雪のお布団の中でおやすみになっていてください・・・










昨年12月、赤田の家で機織りのワークショップをしたときに、のぞきに来てくれた、近所のお母さん。




あれから赤田地区の寄り合いで、じいじと一緒になったんだって。




そしてじいじによると、そのお母さんはじいじに「月1度で構わないから、コーヒー屋さんをしてほしい」と話したそう。




そうだね~。わたしもコーヒー屋さんしたいよ。地域のお母さん方とおしゃべりしたいし、一緒に縫い物でも編み物でも、なにかやりたいなあ~と思っているのです。




けれど正直なところ、この赤田の家をどうリノベ―ションしていこうか?

まだ決めかねているのです。





どうしたらいいだろうか?

どんな使い方がいいだろうか?




コーヒー屋さんをするにしたって、

コーヒー屋さんを呼んでみようか?

わたしがコーヒー屋さんになろうか?

そんなことも考えてみたりはしますが

う~~~ん?どうしたらいいものか?わからないのです。





いいヒントあるよ!って方がいたら、こっそり教えてください。






Akada Life

場所は 新潟県刈羽郡刈羽村、赤田地区。 赤田城跡を背に抱えたその場所で、畑をはじめました。 今は畑の前に一軒空き家を借りて、どう手直しをしようか構想中です。

0コメント

  • 1000 / 1000